Home > イベント情報 > 2014.12.02 愛知地域スーパークラスター成果報告会2014を開催しました。

イベント情報

2014.12.02 愛知地域スーパークラスター成果報告会2014を開催しました。

2014年12月10日

愛知地域スーパークラスター成果報告会2014を開催しました

去る2014年12月2日(火)名古屋市西区のトヨタ産業技術記念館大ホールにおいて、「愛知地域スーパークラスター成果報告会2014」を開催いたしました。会場写真.jpg

当日は、企業や大学等から238名の方々に参加いただき、各研究リーダーの方からは、パワーデバイス、ナノマテリアルの各分野で、自身の計画に対する進捗状況や成果などが報告されました。

午後からはトヨタ自動車(株)濱田公守第3電子開発部担当部長より「ハイブリッド用パワーエレクトロニクス技術と次世代パワーデバイス開発への取組み」のテーマで講演いただき、ポスターセッションでは出席者と研究者との間で熱心に議論がかわされていました。本プログラムに参画していない企業、大学等からも参加があり、関心の高さを実感することができました。また、参加の方々には事業に対する理解を深めていただけたものと思っております。

今後も、本プログラムでは、年度毎に成果報告会を開催させていただきたいと考えております。

タイムテーブル

時間内容
10:10~10:30 開会・挨拶
 加藤 伸一 愛知地域スーパークラスター代表
 齊藤 仁志 独立行政法人科学技術振興機構 執行役
10:30~10:45 研究成果報告(総括)
 宮田 隆司 愛知地域スーパークラスター代表研究統括
10:45~11:50

研究成果報告(研究テーマ:ナノマテリアル)
 ナノマテリアル概要  宮田 隆司 愛知地域スーパークラスター代表研究統括
 燃料電池・次世代電池 齋藤 永宏 名古屋大学 教授
 燃料電池・次世代電池 手嶋 勝弥 信州大学 教授
 ナノ粒子        行木 啓記 あいち産業科学技術総合センター 主任研究員
 先進プラズマ     濱田 幸弘 プラズマ技術産業応用センター センター長

11:50~13:00 休憩
13:00~13:50 特別講演「ハイブリッド用パワーエレクトロニクス技術と次世代パワーデバイス開発への取組み」
トヨタ自動車株式会社 担当部長 濱田 公守氏
13:50~14:30 研究成果報告(研究テーマ:パワーデバイスⅠ
 パワーデバイス概要  宮田 隆司 愛知地域スーパークラスター代表研究統括
 溶液法SiC       宇治原 徹 名古屋大学 教授
 高品質SiC       手嶋 勝弥 信州大学  教授
 AlN          宇治原 徹 名古屋大学 教授
14:30~15:20 ポスターセッション
15:20~16:45 研究成果報告(研究テーマ:パワーデバイスⅡ)
 GaN/GaN       只友 一行 山口大学 教授
 GaN/GaN       本田 善央 名古屋大学 准教授
 GaN/GaN       葛原 正明 福井大学 教授
 InAlN系        小田 修  名古屋大学 特任教授
 GaN/Si         江川 孝志 名古屋工業大学 教授
16:45 閉会

Copyright © 2014-2017, Aichi Science and Technology Foundation. All rights reserved.